このページの本文へ移動

不動産鑑定士・不動産鑑定士補 変更登録申請

最終更新日:平成31(2019)年4月1日

 不動産鑑定士または不動産鑑定士補は、氏名、住所、本籍、勤務先に変更があった場合は、遅滞なく変更の登録をしなければなりません。

※ 平成30年9月14日に国土交通省における住民基本台帳ネットワークシステムの利用が終了するため、それ以降は、不動産鑑定士の住所変更に係る手続きには「住民票の抄本」の添付が必要となります。詳しくは、国土交通省別ウインドウを開くでご確認下さい。

提出先

 申請者の住所地を管轄する都道府県の窓口

提出書類

  1. (1) 不動産鑑定士・不動産鑑定士補変更登録申請書(別記様式第6)(PDFファイル11KB)
    不動産鑑定士・不動産鑑定士補変更登録申請書(別記様式第6)(エクセルファイル26KB)
  2.  注意 不動産鑑定士・不動産鑑定士補変更登録申請書 記入要領(PDFファイル12KB)
  3. (2) 添付書類(下記参照)



氏名 戸籍抄本(発行後3か月以内のもの)
住所 住民票(発行後3か月以内のもの)
本籍 戸籍抄本(発行後3か月以内のもの)
勤務先
商号または名称、事務所の所在地
添付書類は不要ですが、変更登録申請書に勤務先、鑑定業者の登録番号、事務所所在地(郵便番号)を明記してください。
  • 注意1 収入印紙(千円)はあらかじめ郵便局で購入し、申請書に貼付してから提出してください。
    (都の窓口では購入できません。)
  • 注意2 住居表示変更等による住所等の変更で登録免許税(千円の収入印紙)の免除を受けるためには、当該市区町村長等の書類の添付が必要です。

提出部数

正1部、副1部(副はコピーで構いません。)
注意 申請者控えが必要な場合は、写しを1部多くご用意ください。